top of page
外観_甲府昭和形成外科クリニック (9).JPG

YAG Laser

YAGレーザー

YAGレーザー

シネロンキャンデラ社製GentleMax Pro(ジェントルマックス プロ)のYAGレーザー(波長1064nm)は、皮膚の深層まで熱エネルギーを届けるロングパルスのレーザーです。「アレキサンドライトレーザー」の約2倍の深さにまで到達するため、脱毛の場合は、男性のヒゲなど深い層の毛根に効果的です。

血管内のヘモグロビンに吸収されやすい波長のため、赤ら顔や毛細血管拡張症の治療にも有効です。また、レーザーシャワーという使い方をすることで、熱エネルギーによる美肌効果、毛穴への効果も期待できるレーザー機器です。

甲府昭和形成外科クリニックの治療

どのレーザーを選択するのか、症状にあった適切な出力やモードの切り替えなどの判断は、豊富な治療経験と正しい知識が必要です。

当クリニックの指導医である山梨大学付属病院 形成外科教授の百澤明医師は、日本形成外科学会にて全国のレーザーを使用する医師を指導する立場にあります。

 

また、当クリニックの医師・看護師は、世界中で最も有名なレーザー会社の1つであるシネロンキャンデラ社主催のセミナーの講師を定期的に務めております。

 

知識・経験の豊富な医師・看護師が連携し、確かな技術でレーザー治療をご提供しておりますので、安心してご相談ください。

YAGレーザーの適応

それぞれの症状に合わせ、必要な治療を決定します。

  • 下肢静脈拡張症の浮き出た血管

  • 肌質改善・美白治療の赤ら顔・毛細血管拡張症

  • 肌質改善・美白治療 の毛穴肌

YAGレーザー 施術の流れ

Step1

医師によるカウンセリングを受けて、治療の適応、効果、合併症など十分な説明を受けながら相談していただき、同意書を取得します

Step2

実際の治療

①クレンジング・洗顔をしていただきます

②医師、もしくは看護師が施術を行います

Step3

施術後ケアと注意事項

心配な点やご不明点があれば改めて伺いながらご説明いたします

YAGレーザー(「下肢静脈拡張症」の浮き出た血管)のリスク

手術名

「下肢静脈拡張症」の浮き出た血管

施術時間

15~30分

麻酔方法

必要なし

ダウンタイム

10日間程度、照射した部位に保護テープと外用剤を使用していただきます。※個人差があります

術後通院の目安

2回

リスク

炎症後色素沈着、軽いやけど、水泡、発赤など

YAGレーザー(「肌質改善・美白治療」の赤ら顔・毛細血管拡張症)の流れ

手術名

「肌質改善・美白治療」 の赤ら顔・毛細血管拡張症

施術時間

15~30分

麻酔方法

必要なし

ダウンタイム

10日間程度、照射した部位に保護テープと外用剤を使用していただきます。※個人差があります

メイク

テープの上から可能

術後通院の目安

1回

リスク

炎症後色素沈着、軽いやけど、水泡、発赤など

YAGレーザー(血管拡張症)の料金

YAGレーザーによるレーザーシャワー

ロングパルスYAGレーザーを用いたリフトアップ治療です。リフトアップの効果があるため、お肌のたるみによって目立つ「たるみ毛穴」に効果が期待できます。アキュパルス(炭酸ガスレーザー)のフラクショナルレーザー治療に比べると、マイルドな効果なので、ダウンタイムが気になる方におすすめの治療です。

YAGレーザー(「肌質改善・美白治療」の毛穴肌 レーザーシャワー)のリスク

手術名

「肌質改善・美白治療」 の毛穴肌(レーザーシャワー)

施術時間

15~30分

麻酔方法

必要なし

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。※個人差があります

メイク

テープの上から可能

術後通院の目安

1回

リスク

炎症後色素沈着、軽いやけど、水泡、発赤など

医療脱毛

医療脱毛については、医療脱毛のページをご参照ください。

bottom of page