top of page
外観_甲府昭和形成外科クリニック (9).JPG

HIFU

ウルトラセルQプラス(ハイフ)

ウルトラセルQプラス(ハイフ)

ウルトラセルQプラスは、HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用した切らないフェイスリフトです。通常のレーザーやRF(高周波)では届かないSMAS筋膜にアプローチし、超音波の熱エネルギーで皮膚の内側から強力に引き締めることで、シワやたるみなどを改善します。

・たるみ、シミの改善

・リフトアップ(フェイスラインの改善)

・美肌効果、小顔効果

・二重あごの解消 など

最小限の痛みで、最大限の効果

これまでのたるみの治療機器は、激しい痛みを伴うため麻酔を行うほどの施術でした。しかし、HIFUは鈍い痛みはありますが、麻酔をするほどの痛みではありません。また、施術時間もスピーディーなため、体へのご負担も軽くなりました。

たるみの原因、浅筋膜にアプローチ

従来の照射治療は、皮膚の深い層まで届かず、引き上げ効果もさほど強力なものではありませんでした。HIFU(ハイフ)は、皮下の浅筋膜であるSMASまで届くため、たるみの根本にアプローチすることが可能です。超音波の熱エネルギーによってSMASが収縮し、たるみが引きあがります。

美肌効果と小顔効果

熱エネルギーにより、コラーゲンやエラスチンが増生され、美肌効果が期待できます。2~3ヵ月後にコラーゲンがリモデリングされますので、効果は約6ヵ月間持続します。また、脂肪細胞を溶解するため、二重あごやフェイスラインなどの脂肪が気になる部分にも効果的です。

HIFU(ハイフ)治療の流れとリスク

HIFU(ハイフ)施術の流れ

Step1

医師によるカウンセリングを受けて、治療の適応、効果、合併症など十分な説明を受けながら相談していただき、同意書を取得します

Step2

実際の治療

①クレンジング・洗顔をしていただきます

②麻酔をする場合は、表面麻酔をしてから施術を行います

Step3

施術後ケアと注意事項

心配な点やご不明点があれば改めて伺いながらご説明いたします

HIFU(ハイフ)のリスク(全顔)

手術名

全顔

施術時間

30分

麻酔方法

必要なし

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。※個人差があります

メイク

直後から可能

​術後通院の目安

通院の必要はありません。気になることが生じた場合はすぐに受診ください。

リスク

熱傷、色素沈着、末梢神経麻痺、毛嚢炎、紅斑など

HIFU(ハイフ)のリスク(頬のみ)

手術名

頬のみ

施術時間

20分

麻酔方法

必要なし

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。※個人差があります

メイク

直後から可能

​術後通院の目安

通院の必要はありません。気になることが生じた場合はすぐに受診ください。

リスク

熱傷、色素沈着、末梢神経麻痺、毛嚢炎、紅斑など

HIFU(ハイフ)のリスク(二重顎)

手術名

顎下(二重顎)

施術時間

15分

麻酔方法

必要なし

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。※個人差があります

メイク

直後から可能

​術後通院の目安

通院の必要はありません。気になることが生じた場合はすぐに受診ください。

リスク

熱傷、色素沈着、末梢神経麻痺、毛嚢炎、紅斑など

HIFU(ハイフ)の料金

bottom of page