わきが、腋臭症

ワキガでお悩みの方にとって、汗をかきはじめる春先から夏にかけては非常につらい時期です。また、秋や冬でも汗ばむとつらいものです。「体臭が強い」ことから、外出が とても緊張したものとなります。また、ワキガが気になって、仕事や勉強に集中できないと訴える方、臭いに気付かれるのがこわくて人と交流できないなどの悩 みを持つ方が多くいらっしゃいます。

ワキガとは

ワキの下にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類の汗を出す分泌腺があります。

エクリン汗腺はほぼ全身に存在しており、私たちが一般に「汗」と呼んでいるものを分泌します。この汗は主に体温を調整するために分泌されます。エクリン汗腺から分泌される汗そのものは無臭で皮膚の常在細菌の活動を抑える働きがありますが、衣服や皮膚に付いた雑菌に「湿気」を与えて活性化させる原因となります。汗に濡れたものをそのままにしておくとだんだんニオイが生じてくるのはこのためです。 一方、アポクリン汗腺は、耳の穴、わきの下、乳輪、おヘソ、性器、肛門周囲などの限られたところにだけ存在する汗腺です。

成長とともに肥大し、思春期の頃から遺伝や性ホルモンなどの 影響を受け発達し始めます。アポクリン汗腺からはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分どを含む、粘り気のある白っぽい汗を出します。これらの汗に含まれる成分が雑菌によって分解されて独特のニオイが発生するわけです。汗をふき取ったり、清潔に保つだけではニオイを抑えることはできません。また、ワキガの人のうち半数以上は汗の多い多汗症(わき汗)をともなうといわれています。

日本人はワキガの人の割合は約10%と非常に少ないといわれていますが、逆に少ないためにワキガの方が目立ってしまい、悩みの種になっているケースが多いようです。遺伝による要因が大きく、両親のどちらか片方がワキガである場合、50%の割合で遺伝するといわれています。

治療法

非手術療法

市販のデオドラントや塩化アルミニウム水溶液

ワキガや多汗症に悩む方の多くが市販の制汗デオドラントを使用していると思います。
しかし、本当にわきの汗やニオイに悩んでいる方には、満足のいく効果が得られていないことが多いのかも知れません。

レーザー脱毛治療(自費診療)

毛包の周囲には、汗腺、皮脂腺などの毛嚢付属器と呼ばれる組織があります。針脱毛やレーザー脱毛によって、この付属器に障害を与えることで、わきのニオイが軽減することがあります。

レーザー脱毛のページへ

※ただし、レーザー脱毛治療は健康保険は適応されません。

ボトックス注入療法(自費診療)

傷が残ることに抵抗がある方へは、ここ数年の新しい治療法としてボトックス注射療法があります。ボトックスはもともとは痙性斜頸や眼瞼けいれん、眉間のしわに対して用いられていましたが、わきの皮膚に注射すると、汗を分泌させるポンプの作用を持つ筋上皮細胞を弛緩させることで汗をかく量を減らす効果があります。汗を異常にかく多汗症には特に効果的です。腋臭症に対しても汗をかかなくすることで、臭いを緩和することが期待できます。

ボトックス療法のページへ

未婚の若い女性に対しては、キズの残る手術療法を行う前に、レーザー脱毛とボトックス注入療法を併用した治療を試してみることをお勧めしています。

手術療法(保険診療)

様々な方法がありますが、当院では、保険適応の術式(皮弁法、皮膚反転剪除法)を第1選択としています。

手術方法のページへ